遺言書を見つけた場合の手続き

遺言書を見つけたら勝手に開けてはいけません

故人の封印のある遺言書を見つけた場合には、その内容が気になるものです。しかし、その場で開封することは避けるようにしましょう。では、どのようにすれば良いかというと、家庭裁判所に提出し、検認を受ける必要があります。なお、この際に提出する家庭裁判所は故人の最後の住所もしくは相続開始地にある裁判所です。

遺言書は開けるのにも手続きが必要

検認とは、遺言書の偽造などの防止するための手続きであり、それが有効であるか否かを判断するものです。また、その存在を相続人などの利害関係者に知らせるという目的もあります。
なお、ここで言う封印とは、封に印が押されているものを指します。つまり、ただ単に封筒に糊付けされている場合には封印にはあたりません。
もし、検認を受けること無く、遺言を執行した場合や家庭裁判所以外で封書を開封した場合には、5万円以下の過料に処せられます。さらに、故意にその存在を隠していたという場合には、相続権を失うことになりますので、注意が必要です。

検認の手続きと流れ

検認の流れとしては、まず家庭裁判所に申し立てを行います。その際に必要となるものとしては、検認申立書、申立人・相続人全員の戸籍謄本、故人の戸籍などがあります。申し立てを受けた家庭裁判所は、検認の期日を相続人全員に通知します。当日相続人本人が検認に立ち会うか否かは相続人の判断に委ねられます。
検認後には、その結果が検認調書に記載されます。なお、検認に立ち会わなかった相続人などに関しては、その旨が検認済通知書として通知されます。
この検認件数は、年々増えてきています。
なお、公正役場で作成・保管されているものに関しては、偽造などのおそれが限りなくゼロであるため、検認手続をする必要はありません。