遺言書の執行と相続人の明記がポイント

遺言書はトラブルを未然に防ぐ方法

丘の上のパルテノン神殿遺言書といわれても、なかなかピンとこない方もいると思います。
事業の承継を考えていたり、お子さんがいない、内縁の妻がいる方、財産が自宅である、介護をしてくれる息子さんとしてくれない息子さん等、そういう問題があれば遺言書を作成していれば、あとのトラブルを未然に防ぐことができます。

遺言書の作り方

遺言書は、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言に別れていて、満15歳以上で意思能力を備えていればすることができるのです。
成年後見人も弁識能力が一時回復すれば、医師二名以上の立会いでできます。
遺言は書き方と形式がきまっていて、改ざんされたり、発見できなかっら無意味なものとなってしまいます。
また、配偶者、子供、親、祖父母に遺留分があり、遺留分や寄与分に配慮して作成しないとトラブルになる可能性が出てきます。

遺言書の書き方と注意点

自筆証書遺言を書くにあたっての注意点と書き方ですが、まず全文を自筆で書く必要があり、録音テープやビデオ、ワープロで作成することは認められません。
日付、氏名の記載も必要です。また、押印が必要ですが、実印がいいですが他の印鑑でも大丈夫です。

証明の仕方と保管方法

公正証書遺言は、事前に公証人と打合せしておき証人二人と一緒に公証人役場へ行き読み聞かせたり、閲覧させることで作成し、各自押印します。
原本が保管されるため、改ざんされたりなくなる恐れもありませんので、安全な手段と言えます。
次に、秘密証書遺言ですが、自ら作成して公証役場で遺言の存在を証明するものです。
秘密証書遺言は、自筆のみならず、代筆やワープロで書いてもいいのですが、署名は自筆でする必要があります。また、原本は自分で保管する必要があります。
遺言を書くことで、あとのトラブルを防ぐことができ、財産を親族や子孫に確実に残すことができるのです。