覚えておきたい遺産相続の正しい知識

法律で決まっている遺言書の効力

白い教会の鐘楼と雲の空周知のとおり、遺産は受け継ぐことができ、そのことを遺産相続と言います。但し、残された人が好き勝手に遺産を相続することができるというわけではなく、ちゃんとした決まりがあります。
故人が生前に遺言書を書し、そこに遺産相続に関する記載があるのならば、その指示に従うこととなります。遺言書がない場合、遺産は法律の定めに従って相続されることとなります。遺言書があったとしても、その遺言書が法的に無効な遺言書である場合も、遺産は法律の定めに則った相続の仕方になる場合があります。

相続が可能なのは限定された親族の範囲

法律上、遺産を相続できるのは基本的に親族ということになります。但し、すべての親族が相続を認められているわけではないのです。相続が認められているのは、配偶者、子、父母、兄弟姉妹です。そして、父母と兄弟姉妹は、相続が認められていない場合もあります。父母が相続を認められているのは、配偶者も子もいない時、もしくは、配偶者はいるけれども子がいない時です。兄弟姉妹が相続を認められているのは、上記の父母が相続できる場合の条件を満たし、尚且つ、父母がいない時です。

婚姻関係のある配偶者が権利を持つ

配偶者は、婚姻関係がある必要があります。また、孫はいるけれども、すでに子がいない場合は、孫が子供の権利をそのまま引き継ぐことになります。同様に、すでに父母がおらず、祖父母がいる場合は、祖父母が父母の権利のそのまま引き継ぎます。
ただ、遺産は財産だけではなく、負債も含まれています。ですから、遺産を相続するということは、基本的に財産も負債も相続するということなのです。但し、遺産は必ず相続しなければならないというわけではなく、相続を拒否することもできます。そのことを、相続放棄と言います。また、財産だけを相続することも可能であり、そのことを限定承認と言います。但し、限定承認で相続できる財産は、負債弁済後に残った財産のみとなります。