遺産相続の方法について:夫妻と子ども2人のケース

遺産相続では遺言がないケースが多い

エーゲ海のボートの港ある方がお亡くなりになったとして、その方に配偶者の方やお子さんがおられたとします。
 お亡くなりになった方の遺言が残されていた場合には、その遺言に従った遺産相続の方法が取られることになります。
 大半のケースはこちらになるでしょうが、遺言がない場合には、民法の規定に従った相続の手続きが取られることになり、この相続を行う権利を持っている人のことを法定相続人と呼びます。

法定相続人の範囲

 この法定相続人には、それぞれの立場に応じた法定相続分と呼ばれる、遺産を相続する権利の持ち分割合が定められています。
 このうち、配偶者は、血族の相続人の有無を問わず、常に相続人となります。また、血族の相続人には、それぞれの立場に応じて、第1順位から第3順位が定められています。
 相続人になることができるのは、配偶者と子、子がいない場合には、配偶者と直系の存続(つまり、亡くなった方の父母、祖父母)、直径の尊属がいない場合には、配偶者と兄弟姉妹が相続人となります。

一般的な夫妻と子ども二人の家族のケース

 亡くなった方に配偶者がおり、その配偶者との間に2人のお子さんがいたケースを想定してみます。
 亡くなった方の名義で1,000万円の銀行預金があり、これを遺産分割することになったとしましょう。
 この場合、配偶者の方が2分の1を相続分として引き継ぐことが民法で定められています。したがって、このケースの場合、1,000万円の2分の1で、500万円が配偶者の相続分となるわけです。
 そして残りの2分の1がお子さんの相続分となります。このケースでは、お子さんが2人いますので、この2分の1をそれぞれ平等に引き継ぐことになります。したがって、2人のお子さんそれぞれが、500万円の2分の1、つまり250万円ずつを相続することになります。