My Site

意外と知らない遺産相続のこと

相続の基本的な考え方

白亜の住宅と青い海遺産相続というと、親等から財産を相続することだと考えている人が多いのではないでしょうか。それは、半分正解であり、半分誤りだと言えます。なぜなら、遺産とは財産だけではなく、債務も含まれるからです。つまり、遺産を相続するということは、財産も債務も同時に相続するということなのです。
財産を相続することは嬉しいことなのかもしれませんが、債務を相続することを喜ぶ人はいないことでしょう。ただ、現実問題として、多くの債務を残して亡くなってしまう人はいます。特に、不慮の事故等で急に亡くなってしまった人は、その傾向が強いと言えるでしょう。

遺産の他に債務も引き継がれます

但し、遺産の相続人に該当する人は、必ず遺産を相続しなければならないというわけではないのです。遺産の相続を放棄することもできます。ですから、親等の債務を相続することが嫌ならば、相続放棄という手段をとることもできるのです。
ただ、相続放棄は債務だけではなく、財産の相続も放棄することになります。債務は相続したくないが、財産は相続したいという相続人がとるべき手段は限定承認という相続方法です。

限定承認という選択肢があります

限定承認は、財産だけを相続する方法です。但し、相続できる財産は、債務の返済が終わった後の残った財産だけとなります。また、他の相続人がいる場合は、その人、あるいは、その人たちも限定承認で相続する、もしくは相続放棄する必要があります。つまり、他に相続人がいる場合は、自分だけ限定承認にすることはできないのです。

弁護士やプロの司法書士に相談した方がトラブルが少ない

このように、相続放棄も限定承認も色々と問題がありますから、もし考えているのならば、熟慮に熟慮を重ねた上で実行した方が良いでしょう。そして、できれば、遺産相続に強い弁護士に相談した方が良いと言えるでしょう。
ちなみに、相続放棄も限定承認も手続きが必要となります。その手続きとは、相続の開始を知った時から、3ヶ月以内に家庭裁判所に、その旨を申述することです。
いざ親族がお亡くなりになると葬儀を含め現場は混乱します。
事前に相談を進めておくことをおすすめします。

新しい相続情報